ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

奈良まるごと研「社会6年」

講座「社会6年」  講師:櫻本 豊巳先生(奈良教育大学附属小学校)

内容:浮世絵で学ぶ歴史の授業



◆講座「社会6年」感想

 浮世絵から町人の生活や文化を学習する方法は、興味が持ちやすく、楽しい授業でよかったです。実際には浮世絵を目で見て分類することで、印象に残りやすいと思いました。ありがとうございました。

 浮世絵に今まであまり注目したことがなかったのですが、今日のように注目してみるとおもしろいなあと感じました。絵を通して、それを作る人達の様子や、その時代の人々の暮らしがよくわかると思いました。ありがとうございました。以前、6年の社会を担当したことがあり、今は、特別支援学級担任ですが、また社会を子どもたちと学習したくなりました。

 「楽しくわかる社会の授業」の本は、参考にさせてもらっていますが、時間がなくなってくるといいかげんになってしまうので、改めて何を大切にするか考えさせられました。資料の写真などを用意するのがむずかしいので、今日はありがたいと思いました。早速9月からやってみます。

 現在、この単元についての授業を作っているので、とても参考になりました。私自身は、歌舞伎を中心に、この浮世絵を取り上げながらの授業を考えていたので、児童にとっての「わかりやすさ」を考えると、浮世絵中心に考えた方が良いのかなと思い、自身の参考にさせていただきます。

 浮世絵が身近なものだとは知りませんでした。知識をつけ、その中からどこを教えるのかしぼって魅力ある授業をつくっていきたいです。

 何気なく視ていた浮世絵に様々な情報が隠されていることが、よくわかりました。庶民に親しまれていた絵だけに、子どもたちにも学びやすい教材であることも再認識しました。今日はどうもありがとうございました。

 今年3年生の担任となり、社会の授業をどのようにしていこうか日々考えています。私自身社会が苦手なので、本日は参加しました。教える側が深く広く知識を持ち、興味を持って伝えることが大切だと思いました。本日はありがとうございました。

 題材がおもしろくて、あっという間の一時間でした。教科書を教えるのではなくて、こうやってスポットをあてて、教科書で確認するというのは、とても参考になりました。ありがとうございました。

 浮世絵などの資料を提示し、歴史学習につなげていくことは、とても大切でした。他の時代も資料を提示するとおもしろい授業になると思います。

 資料を使って考えさせることが大切であると思いました。そうすることで、教科書内容の理解度がだんぜん変わるということを実感しました。

 浮世絵を使って歴史を学ぶという子どもたちにも見てわかりやすく、興味・関心がすぶにもてると感じました。もう一度、家に持ち帰り、自分で学習したいと思います。ありがとうございました。

 一つ一つくわしい知識を知った上で、ねらいとするところ(江戸時代の文化、くらし)をきちんとおさえていきたいと思いました。

a0098514_2115174.jpg

[PR]
by sensenogakko | 2010-08-23 21:11 | 奈良まるごと研