ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

奈良まるごと研「フラッグフットボール」

講座 体育「フラッグフットボール」  講師:吉川 宗治先生(鳥見小学校)

内容:フラッグフットボールの作戦に関わる意味のある動き



◆「フラッグフットボール」感想

初めて見たゲームでしたが、やってみてとても楽しいかっったです。挑戦してみたいなあと思います。

「フラッグフッド」と言う名前しか聞いたことがなくてタグラグビーと何がちがうの??と状態でした。子ども達の作戦が生きて仲間意識がわく内容だなと思いました。

とても難しそうな運動だったがやってみると楽しく体も頭も使えてよかった。学校で教員でやってみて実践したいと思います。ボールとタグがあるのでできると思いました。

作戦を考えるという子どもどうしの交流につながる体育をつくることができると思いました。いちど放課後に若手の先生達を集めて先生チームで楽しんでみたいと思います。ルール等覚え切れなかったところもありますが、勉強したいと思います。

私は初めてフラッグフットボールのことを知り、攻守の楽しさやバスケットにもつながるおもしろさがあり、とても良かったです。今は専科ですが、又体育の授業を持って機会があれば是非させていただきます。

学校ではタグラグビーをやってます。作戦を立てたり、動いているともめることもありますが、それを乗り越えて仲良くなれるので、楽しんでやっています。フラッグフッドは少しルールが難しい(というか教えるのが難しい)ので、もう一度整理して教材として使いたいと思います。

戦術が重要なために苦手な子も責められにくいというのは「なるほど」と思いました。ルールが難しいので、なかなか大変そうですがおもしろそうです。用語がもっと子どもにピンとくるものにできないかと考えています。

a0098514_22463799.jpg

[PR]
by sensenogakko | 2010-08-27 22:42 | 奈良まるごと研