ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

「あまんきみこさんに聞きたいこと」を募集中!

2011奈良まるごと研 記念講演 2011.8.27a0098514_23183449.jpg

国語教材でおなじみの あまんきみこさん をお迎えし、
若い先生との対談形式でお話いただきます。

現在、「あまんきみこさんに聞きたいこと」を募集中
nara-net-kkm@iam.ne.jp

講師 あまんきみこさんの略歴(ウィキペデイアより)

旧満洲撫順市に生まれる。新京(現在の長春)・大連市に移り住み、
敗戦時に大連神明女学校二年生だった。
帰国後、大阪府立桜塚高等学校を卒業すると同時に結婚する。
その後、勉学の意欲に駆られ
日本女子大学児童学科通信教育部に入学、与田準一を知る。
与田の勧めで坪田譲治主宰の「びわの実学校」に
「くましんし」を投稿し評価を得て、同人となる。
1968年、「びわの実学校」発表作品を集めた
『車のいろは空のいろ』を出版し、
第1回日本児童文学者協会新人賞受賞し、
第6回野間児童文芸賞推奨作品ともなる。

「ちいちゃんのかげおくり」「おにたのぼうし」a0098514_23215593.jpg
「白いぼうし(『車のいろは空のいろ』シリーズの一篇)」など
小学校の教科書へ掲載される作品も多く、
上品なユーモアに包まれた作品は、
日本の風土や文化に根付いた情緒や親しみやすさと同時に、
外国児童文学のような深みとロマンチシズムがある。
自身が幼少から好きだったという宮沢賢治とも通じる、
どこまでも優しい世界観が特徴的。
京都府長岡京市在住。
受賞・受章

1968「車のいろは空のいろ」 第1回日本児童文学者協会新人賞
1981 「こがねの舟」旺文社児童文学賞
1983「ちいちゃんのかげおくり」小学館文学賞
1986 「ぽんぽん山の月」日本絵本賞
1989「おっこちゃんとタンタンうさぎ」野間児童文芸賞
1990「だあれもいない」ひろすけ童話賞
2001年、紫綬褒章
[PR]
by sensenogakko | 2011-07-14 23:18 | 奈良まるごと研