ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

8月27日(土)全体会

第49回近畿東海教育サークル合同研究集会奈良大会(2011奈良まるごと研)
全体会(於 奈良教育大学大講義室)

1,開会挨拶 現地実行委員会実行委員長 井深雄二
(長友奈良教育大学学長からのメッセージも披露されました)

a0098514_2285776.jpg 
 

2,基調提案 現地実行委員会事務局長 西浦弘望
    
a0098514_2292929.jpg


3,文化行事 なら民舞の会
 ・八丈島太鼓
 ・エイサー「ダイナミック琉球」

a0098514_229511.jpg a0098514_22104716.jpg 
    

4,記念講演は、児童文学者のあまんきみこさんとの対談
 
a0098514_22111694.jpga0098514_22113881.jpg
a0098514_22164897.jpg
a0098514_22172085.jpg

【参加者の感想から】

○民舞の会の発表、すごくよかったです。すばらしく感動しました。
ベテランと若手の息もあっていて、それもよかったです。

○民舞・和太鼓は、リズムに合わせ熱い思いを伝えていただいたと思います。
普段の忙しさの中でも練習もかさねられて、すばらしいと思いました。

○この2日間の会の開催が力強い太鼓から始まり、こちらの気持ちもわくわくしてきました。
あまんきみこさんと若手教員の方々との対談も勉強になり、
あまんさんがどのような気持ちで一つ一つの作品を書いておられたのかが分かるよい機会となりました。
「ちいちゃんのかげおくり」の読み聞かせでは、涙がこぼれそうでした。

○コーディネーターの先生がちゃんといての若手との対話形式がよかった。
あまんさんの作品をもとにした話はまとまりがあってよかった。
若手の感想etc、あまんさんが自由に語られるところもおもしろかっった。
あまんさんがたくさん話して下さるのがよかった。朗読もありがとうございました。

○若い先生とあまんきみこさんの対談すべて、感動しました。
あまんきみこさんの大学時代の話、特に印象的でした。
”望めば扉が開くこと”本当に努力すればそうなると私も思います。
ちいちゃんのかげおくりの本を読んでいただいて、最高でした。
これを聴いただけで、この集会に参加したかいがありました!ありがとうございました。

○あまんきみこさんとの対談では、ゆったりとした語りの中に
しずかにしかも、しっかりとした戦争は起こしてはならないという信念が感じられました。
教科書の中では、やや難しいのではという意見もありましたが、
(職場では)伝えていく大切さを感じました。ありがとうございました。

○2学期に「ちいちゃんのかげおくり」の授業をしますので、
あまんきみこさんのお話しを直接うかがうことができると知り、参加させていただきました。
実際にあまんさんから作品に対するエピソードを聞くことができ、
とてもあたたかい気持ちになり、作品の世界がひろがった気がしました。
[PR]
by sensenogakko | 2011-09-09 22:11 | 奈良まるごと研