ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

8月28日講座「算数1年」

◆算数1年 くり上がり・くり下がり 参加者25名

a0098514_2324294.jpg


講師 矢追 武先生

【内容】
 
1年生の最重要単元である「くり上がり、くり下がり」についてのポイント
「くり上がり10のかたまりをつくる」「くり下がり10のかたまりをこわす」をお話します。

【参加者の感想から】

◎習熟の前に理解をさせることが必要と思いました。
5といくつにすることをしてきてよかったと思いました。
2学期もしっかり理解を第一としていきます。

◎本日をもってやめなければならないことがたくさんあるようです。
1学期の内容にもどってやりなおしだなあ・・・としみじみです。
ありがとうございました。

◎自分のかかえているジレンマが何なのかがわかった気がしました。
今、経験のある50代の先生ではなく、30代の先生方に、
矢追先生のいわれる×を信じる先生が多いのです。
パソコンで方法だけをひきだします。
それがなぜ危険なのかがふに落ちました。
(百マス計算の)岸本先生のことを知らない年代の先生方に
今日の話が通じるといいなと思います。
子どもの顔を見て考えた人が使うのと、プリントをただ使うのは違う!!
[PR]
by sensenogakko | 2011-10-02 23:03 | 奈良まるごと研