ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

8月28日講座「算数2年」

◆算数2年 かけ算 参加者25名

a0098514_23135021.jpg


講師 下田 正義先生

【内容】

かけ算といえば九九の練習に力が入りますが、
かけ算を使える場面や一あたり量の理解も大切な内容です。
具体物や教具を使った授業を紹介します。

【参加者の感想から】

◎ブロックで操作することでたくさん気づけることにおどろきました。
7の段のかけ算は 7×3=21 
離れたところにまた21をつくると 
7×6=42 は21と21だから と目でみて分かったので
なるほどと思いました。
同じように 7×9=63(21×3=63)や 7×5=35も
ブロックを見て 30+5 などわかりました。
これなら子どもたちのつまずきも減らすことができるなと感じました。

◎大変参考になりました。
すでに本学の2年生は、かけ算の学習を既習しているのですが、
まだ一つ分の数といくつ分という認識が不足しているので
このようなブロックを使用し、復習したいと思います。

◎大変役に立つ講座をありがとうございました。
私がこの教材を使って授業をしたら・・・という視点で
教材を見せてもらいました。
[PR]
by sensenogakko | 2011-10-03 23:04 | 奈良まるごと研