ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

8月28日講座「算数5年」

◆算数5年 図形の面積・単位あたり量  参加者10名

a0098514_23161588.jpg


講師 何森 真人先生

【内容】

〈図形の面積〉では面積が求まる形に変形する作業を、
〈単位あたり量〉ではとらえにくい量を目で見てわかるようにする工夫を、紹介します。

【参加者の感想から】

◎一学期は運動会もあり、とにかく前に進め進めの算数になってしまったので
二学期はゆっくり落ち着いて子どもたちと学習できそうです。
電車乗りゲームもしたことはあったのですが、いつもすぐ計算していました。
「シールを貼る」という少し抽象的なステップを踏むことで
どの子もさらにスムーズに入っていけそうです。
人口密度もぜひ追試してみたいと思います。

◎今年、新任で5年生ともたせていただいていますが、
いつも算数の授業に難しさを感じていました。
先生の講座を受けて、たくさんの素晴らしい実践を学ぶことができました。
二学期からさっそく私も実践していこうと思います。

◎算数はふだん教科書通りで教え込み、習熟ばかりの授業だが
子どもたちをほどよく、迷わせる楽しい授業、
体験を取り入れた授業の大切さを感じました。
[PR]
by sensenogakko | 2011-10-06 23:14 | 奈良まるごと研