ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

2012奈良まるごと研 講座「算数②」

◆算数② 「あまりのあるわり算」(3年)「二桁のわり算」(4年)

講師:谷垣明伸先生

a0098514_21343983.jpg


【感想】

○子どもの発達段階に応じた具体物で実践的なお話をいただきました。子どものつまずくポイントとその時どうするか、目からウロコでした。

○わり算の学習一つでも、かけ算やひき算、既習の学習とつながりがあって、また学年間での指導もつながっていることを実感できました。一学期、その単元ごとに指導内容を見て指導することしかできていませんでしたが、その単元内容税体を通して、今の学習がどこに位置づけられているのかも含めて教材研究が必要だと思いました。

○横式で考えるのは難しいと思い、筆算を教えました。「4年生で習うんだけど教えちゃう」という言葉に子ども達はルンルンでやっていましたが、つまずくこともありました。なぜこんなことを不思議に思うのか、私が不思議に思っていましたが、今日お話をうかがい、「あ、なるほど」と思いました。

○具体物を使い教師と共に学ぶ授業、大変すばらしいと思いました。来年から教師になってからも、このまるごと研に参加し学びたいと思いました。

○あまりのあるわり算は、7月にいそいでおわってしまった単元だったので、今日改めてくわしい指導の仕方を教えて頂いてよかったです。筆算の仕方を二学期できたらと思います。

○子どもたちとつくりあげていく算数の楽しさが伝わってきました。今は低学年なので、ふるさとにかえるための土台をつくって中学年に送り出したいと思います。今わからない子も学年が進んでもわかっていけることもよくわかり安心できました。

○以前、4年生で算数のわり算の筆算を教えた時、なかなか子ども達が理解できない(頭の中でこんがらがる)でいました。今日の勉強で、必ずしも型とおりに教えるのではなく、子ども達のわかる言葉で進めていくことが理解につながると納得した。具体的な言葉、ありがとうございました。
[PR]
by sensenogakko | 2012-08-31 21:32 | 奈良まるごと研