ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

2012奈良まるごと研 講座「国語②」

◆国語② 「ごんぎつね~豊かで確かな子ども主体の読みをめざして~」

講師:大月正雄先生

a0098514_21404572.jpg


【感想】

○話し合いや書き込みを通して子どもたちと読みを深めていく方法がとてもすばらしかったです。最後に、子どもたちが色々な意見を発表した時にどうまとめれば良いか迷っていましたが、しっかり教師が聞き「どう思いますか」と子どもたちに聞くということも大切だと学びました。11月にごんぎつねの研究授業をします。

○授業の進め方がよくわかりました。ワークシートの言葉の説明もとてもくわしく、わかりやすくステキだなと思いました。
ワークシートが横書きなのはどうしてかな?と思いました。また文学を読み味わうという点からいくと、ワークシートの使い方はどうなのでしょう?子どもの読みありきからいくと子どもからはもっとたくさんの意見がでるかなと思いました。

○一人読みについて丁寧な線の引き方や→←という書き方については、はじめて知った内容でしたので、使わせて頂けたらと思っています。非常にわかりやすい資料もありがとうございました。

○物語文の指導の仕方にとまどいがあり、いつも悩んでいたのですが、今日はいい指導法を教えていただきました。参考にさせていただきます。
[PR]
by sensenogakko | 2012-09-02 21:37 | 奈良まるごと研