ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

2012奈良まるごと研 講座「学級づくり②」

◆学級づくり② 「読み合うことを通してみとめあうなかまたち」

講師:田村篤子先生

a0098514_2215124.jpg


【感想】

○すばらしい実践で感動しました。日記、通信を通じて、先生、子ども、保護者がどんどんつながっていく様子がすごく伝わってきました。こんな学級づくり理想的だなと感じました。自分も少しずつでもがんばっていこうと思いました。本当にありがとうございました。

○学級づくりの上で田村先生が「大切にしたこと」は、学級づくりの上でとても「大切なこと」であるなと思われました。子ども達と気持ちが繋がっているという人間関係を築くのは、一朝一夕ではいかないのですが、先生の実践のように毎日の日記やその日記の声をすかさず活かす通信は本当に勉強になりました。先生に教えていただいてから、宿題の日記や自学、取り組んではみたものの続けるということ(自分の意志の強さ)の課題が今日聞かせて頂いたお話で、初心に戻るべく、気合いを入れて頂いた気分です。ありがとうございました。

○通信や作文を読み合うことの積み上げはすばらしいと思いました。子どもが認め合うことってすばらしいし、家と学校のつながりも感じました。

○先生が大事にしておられる「一人一人を大切に」や「認め合う」ということがよく分かりました。作文を読み合うことって、すてきだなと改めて感じました。また、手書きの通信もなかなかできることではないと思います。毎日熱心にされている先生はすごい!!ぜひ、私もやってみようと思います。
[PR]
by sensenogakko | 2012-09-15 22:12 | 奈良まるごと研