ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

2013奈良まるごと研 講座 「図工」 講師 山室 光生先生

a0098514_2332418.jpg


図工 「絵の指導入門」
山室 光生先生

【参加者の感想】

・あっと言う間に時間がすぎてしまいました。描く対象と向き合う図工の授業を、私もやってみたいです。絵の具の出し方なるほどと思いました。「水も絵の具の一つ」というのが本当だなあと思いました。スイカをずっと見ていると、かわしいなあ、キレイだなあと感じてきました。

・久しぶりに絵を描く時間をもった感じでした。じか描きさせてみます。パレットの使い方も参考にさせていただきます。いろいろと勉強になりました。

・山室先生の「絵を描くということは、物とじっくり向き合うこと」というお言葉が心に残っています。絵の具での絵の描き方の指導がとても詳しく、大変勉強になりました。

・久々に集中して絵を描いてみて、色を作るのがとても難しいなと感じました。わかるようで何色かよくわからない・・・色を表せないもどかしさがありましたが、楽しかったです。普段、目に入ってくる様々な絵などの色づかいにも関心が持てそうです。

・久しぶりに真剣に絵を描きました。上手、下手は別として集中して描く時間は楽しく優実していました。苦手な私は、少し周りの様子を見てから描き始めるとよかったかなと思います。せいてはことをし損じるという感じです。すいかをごちそうさまでした。そして楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。

・色画用紙から作品の出来具合が変わってくることや、コントラスト、色彩、彩度にも気をつけることを学びました。今回の講座でたくさんのことを学びました。

・初めて参加しましたが、絵描くのってむずかしいけど楽しいなあって思いました。2学期になって、絵の具にチャレンジしたいと思います。風船、手、すいかとやってみたいと思います。個人的に教えてもらってありがとうございました。

・絵の具や筆の使い方、混色、画用紙の色など、いろいろなお話を聞かせて頂いて大変勉強になりました。スイカをかくのは思ったより難しかったです。実際に久しぶりい筆を握ると改めて楽しかったり難しかったり、実感しました。
[PR]
by sensenogakko | 2013-09-03 22:18 | 奈良まるごと研