ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

2014奈良まるごと研 講座「理科①(中学年)」

【理科①(中学年) 「生物観察・電気・磁石・ものとその重さ・物の温度と体積・物の三態変化」】

講師:園部勝章先生

a0098514_22453134.jpg


【参加者の感想】

・知らなかったこともわかりやすく教えていただき、とても楽しく学ばせていただきました。理科は、苦手でしたが、好きになりました。身近なものでも実験道具が作れるので、すごいと思いました。

・授業についてだけでなく、実験を通してたくさんの気付きがあり楽しい講座でした。実験から分かる発見が理科の面白さなので、それを子どもたちにも伝え、理科好きになってほしいです。ありがとうございました。

・すごく盛りだくさんな授業で、高校まで使える内容でとても楽しかったです。来て良かったです。先生お体大切にされて、ずっと先生をされて下さい。たくさんの実験準備も大変だと思うのにありがとうございました。どの実験も使えて楽しかったです。

・授業で行っている実験を、化学的な概念と結びつけて説明して頂くことで、その大切さ必要性がよく分かりました。世の中で起こっていることなどにも、その原理・原則が貫かれていくことを感じたお話とても楽しかったです。

・磁石実験や空気の重さの実験などとても楽しかったです。ありがとうございました。また、いろいろな実験や教具を教えて下さい。私自身、あまり実験が好きではありませんが、とても興味深くやりたいと思いました。

・とても参考になることばかりでした。さっそく学校に帰って実験してみようと思いました。短い時間にも関わらずとても内容の濃いものとなりました。本当にありがとうございました。工作カメラぜひやってみたいです。

・磁石の極を知るための実験はとても納得した。このように子どもになぜだろうと思わせるような現象が子どもの問いを生むので、理科ではとても大切だと思った。

・いろんなこといっぱい教えてもらっておもしろかった。でも、磁石なら磁石、電気なら電気だけでくわしく実験したかった。
[PR]
by sensenogakko | 2014-08-13 22:46 | 奈良まるごと研