ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

6.朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会は、一日のはじまりとしめくくりの会ですが、
内容的には一日の学校生活を方向づけ、総括するという
短時間で行う学級総会(集会)としての性格をもつものとして考えています。

学級のスタート時に子どもたちと確認しながらメニューをつくっていきます。
あまり盛りだくさんの内容にすると
様々な制約がある学校の現状と合わなくなることがあるので気をつけます。

月曜日から金曜日までの始業時の行動について
子どもたちと相談しながら一枚の表にしていきます。

項目を書くだけではなくどういうふうに言葉を出していくのかまで書きこんであげます。

《朝の会》

 朝の会では、一日のスタートのやる気を引き出し、
みんなでとりくむ課題を確かめることや、
一人ひとりの状態や班の様子を知り合う場です。

子どもの状態や要求をつかむと同時にそれを集団全体に確認させることが大切です。

朝の会メニュー(元気よくハキハキした声で)

●日直さん(班から2名か3名)は前に出て、「これから朝の会を始めます。」

●全員「ハイ!」

①「健康調べをします。」・・・「欠席しらべ」に記入する。保健室に欠席調べを届ける。

②「今日のめあてを決めます。」・・・班で話し合って(1分間)発表してもらって、
日直がまとめる。決まらないときは日直が決める。

③「班からの連らくはありませんか。」
・・・係のことや、班からみんなに連らくしたいことを発表する。

④「朝学習をします。」
・・・月曜日「音楽」(笛の練習・歌の練習・けんばんハーモニカの練習など)
  火曜日「班ですることを自由にする。」
  水曜日「読書」(全校読書タイム)
  木曜日「音楽」(笛の練習・歌の練習・けんばんハーモニカの練習など)
  金曜日「班ですることを自由にする。」

⑤「先生からの話です。」

⑥「これで朝の会を終わります。」

《帰りの会》

帰りの会は
(ア)教師や日直の班や学級に対する評価 
(イ)その日に起こった「事件」についての問題提起と要求の組織を中心にします。

必要がある場合には班長会やリーダー会などを
帰りの会後や次の日のどこかでショートに開くこともあります。

帰りの会はだらだらしません。時間を守ることを求めます。
みんな早く帰りたいのですから短時間で集中した会になるように指導します。

帰りの会メニュー(一日の終わりです。さっと出て進めよう。)

●日直さん(班から2名か3名)は前に出て、「これから帰りの会を始めます。」

●全員「ハイ!」

①「今日のめあては守れましたか。」
・・・一班から順番に聞いていく。できなかった班には、その理由を発言してもらう。

 ②「連らくしたいことや言いたいことはありませんか。」
・・・班や個人で言いたいことがある班(人)、学級クラブに発表してもらう。

 ③「先生からの話です。」

 ④「これで帰りの会を終わります。」

◆席にかえって、帰りのあいさつの号令をかけます。

「帰りのあいさつをしましょう。」

「さようなら。」
[PR]
by sensenogakko | 2007-10-08 23:23 | 教育実践