ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5月31日(土)2008教育基礎講座②「国語」を奈良県文化会館で行いました。
若い先生を中心に14名が参加しました。

今回の講師は三嶋滋子先生(元小学校教員)でした。
三嶋先生は、はじめに文学体験が心の基礎を耕し、人間を育てるのだということを
教師としての様々な経験からお話されました。

「文学は人間探求を目的とした言葉の芸術である」という佐古田好一さんの言葉を紹介し、
人間について学ぶ授業である文学の授業は、
人間的な共感を大切にしたい。
それは、ひとりの人間としての教師と子どもが創っていくものであって
何よりも楽しいものでありたいとおっしゃいました。

そして、「子どもたちの心に残る文学の授業づくり」のあり方を
ひとつひとつていねいに教えてくださり、
実際に3年生教材の「モチモチの木」を使って模擬授業をされました。
参加者は児童となって三嶋先生の発問に答えながら
豆太やじさまに同化、異化体験して
どんな風に教師と子どもが文学体験をしていけばよいのかを学びました。

a0098514_20294471.jpg
a0098514_20301932.jpg


一人一人を大切にした文学の授業(レジュメから)

①一時間の中で「読む、聴く、書く、話す」の活動を
・学習活動を明確化
・子どもをほめて育てる
・イメージ化する(形→象へ)

②文学を文学として読む
・どの子にも豊かな文学体験を 共体験を豊かに 感動的に
・こども達の心を揺さぶり、感動を生み出すような授業を

③自分の考えを持ち、安心して発言できる文学の授業を
・一人一人がよく発言できるような授業
・書くことで自分の思いや考えをまとめる → 交流が深められる 

④読み手の思いや考えをださせることが人間認識を深めることにつながる
・子どもの思いやイメージを引き出すはたらきかけ 
・子どもの「表現力」を高めるためには、日々の授業で「豊かな感情をもたせる」ことが大切

⑤形象の具体化、表現化とその奥にある意味を読むこと、
さらにまとめ読みでその作品のテーマを子どもたちにつかませることを大切にしたい

・はじめの読み あらすじ・初発の感想・だんどり
・たしかめ読み 形象読み・共体験(感性的な読み)
・まとめ読み  理性的な読み・虚構の世界をつかむ

⑥授業を組み立てていくかぎは「発問」にある


【参加者の感想】

◎大変勉強になりました。
国語を教えるのにどうしたらいいか悩んでいました。
しかし、発問のしかたなど、子どもの気持ちの引き出し方など参考になり
よかったです。

◎三嶋先生の授業で、子どもたちが安心して発言し、
深めていくのがよ~くわかりました。
昨年3年生でやってしまったのですが、
もう一度「モチモチの木」の授業をやり直したい気持ちです。
「ごんぎつね」3学期にやる前に勉強させていただきたいです。

◎国語の研究会にめったに参加することがないので、
とても充実した時間でした。三嶋先生ありがとうございました。
参考になったのが、教材解釈の深さと
発問が構造的に用意されていることでした。
授業の進め方も参考になることが多かったです。

◎今回のように教材を使って教えていただいたのは初めてだったので
とてもわかりやすくて参考になりました。
国語の授業は、私自身どのように進めていくか迷っていたので
少しわかったような気がしました。
これからも、もっともっと深く勉強していきたいです。

◎私自身、国語に苦手意識があって、
授業をどのように進めていけばよいのかに不安に思いながらやっています。
どう発問すればいいのか、どう読み取らせていけばよいのか
とても勉強になりました。参加してよかったと思いました。

◎初めて三嶋先生のお話を聞かせていただき、
本当に参加させてもらえてよかったと心から思いました。
とてもパワフルで、たくさんの想いがつまった三嶋先生の授業を
私も子どもになってぜんぶ受けてみたいと思いました。
毎日、悩みながら授業を考えていますが、
子どもの体験や想いを一番にできる授業ができたらなあと思いました。

◎発問のしかた、進め方など、とてもわかりやすくて今後参考にさせていただきたいと思います。
私のクラスは、登場人物になりきる子たちが多いので
物語(文学)では、本当にいろんな心情や思いを出してくれます。
それを大事にしていける授業づくりをこれからも考えていきたいと思います。
[PR]
by sensenogakko | 2008-05-31 20:53 | 教育基礎講座
なぜ泳げないのか

                          体育研究同志会  牧野 満

泳げない子どもの様子をつぶさに観察していると、
①息つぎができていない。
②浮力が確保できていない。
③息つぎと浮きがむすびついていない。

およそこれのどれかにあてはまると考えられます。

①については、水の中で鼻からぶくぶく息を吐くという指導のために起こる弊害です。
口→鼻というのは非日常の呼吸法で初心者にとっては難しいことです。
それに、息を水中で吐くということは、体から空気が逃げるので、
その分体が沈んでしまいます。
体を浮き袋にした状態を保ち、水面に顔を出したら「パッ」と一気に吐いて
一気に吸うことを教えます。

②浮力を確保するためには、水上に体を出さないことです。
しかし、水面に顔を出さないと息つぎができません。
それなら、水上に顔を出す部分をできるだけ少なくすることが大切です。
息つぎができない子どもを見ていると、胸ぐらいまで水面上に体を出して息つぎをしています。
すると、水上に体を出した分余計に沈み込みが大きくなります。
これが続くとどんどん沈んでいきます。
水面上に出た部分をなるだけ少なくするためには、
首を「にゅーっ」と出して息つぎをすることが大事です。

③これが一番の難関です。
しかし、ここをクリアできれば泳ぎはほぼ出来たも同然です。
伏し浮きで体が浮いてくるまで待って→背中に水面を感じてから→息つぎ。
この一連の動作を、「伏し浮き呼吸」(伏し浮きと言っても手足をピンとのばしたものでなく
クラゲ浮きに近い形)と私たちは呼んでいます。
4拍子のリズムをつけて行います。1回できたら2回と回数をどんどん増やしていきます。

<伏し浮き呼吸>
体が浮いてくるまで待って→首をニューっと上げて→息つぎ「パッ」→ボチャンと沈む
(この繰り返し)

「いち・にい」 「さぁーん」 「パッ」

息こらえでぽっかり浮くこと。「パッ」と一気に口から吐いて口で吸うことが、
泳げるための必要とされる技能だと考えます。
これらの水と体の原理をうまく利用した
指導法があります。それが、ドル平泳法です。
興味のある方は、ここを参考にしてください。

http://www6.plala.or.jp/manzo/dosikai-jdoruhira.htm
[PR]
by sensenogakko | 2008-05-25 22:35 | 教育実践
スポーツテストについて考える

                                学校体育研究同志会 牧野 満

できればやりたくないです。スポーツテストをやりたくない理由として、

①やる前に結果がわかっている。

毎度のように文科省は低下としか言いません。
「体力低下!!」と叫ばれて何(十)年経つのでしょう。
40年前の子どもよりも記録が上のものもあるのに、
それが「いずれの年齢段階においても依然低い水準にある。」としています。
どんな水準が標準の水準なのでしょう?
伸びている種目について何も言わないのも不思議です。

②原因が何なのかという考察がない。

不安だけを煽って、だからどうするのか?ということには触れません。
低下と言うためには何も言わない方がいいのかも。

③スポーツテストの結果が生かせていない。

この点が一番の問題だと考えます。
子どもが行った結果をそのままほおっておいたら、子どもは比べることしかしないでしょう。
そのまま1学期の評価に使っているというひどい話さえ聞きます。

忘れてはならないのは、スポーツテストが重宝された時代が、
60年、70年代の「体力づくり体育」だったということです。
業前・業間体育、耐寒マラソンなど体育的行事が盛んに行われました
(今でもそれに力を入れている学校があります)。

体力づくり体育は、「スポーツは好きだが学校の体育は大嫌い」という子どもを量産しました。
そして、子どもの不評を受けて破綻し、77年指導要領から「楽しい体育」が始まりました。
全国統一体力テストが小5と中3で実施されるようですが、
そこへ回帰するのでしょうか?

スポーツテストが体育的行事としてきっちり位置づけられているならば、
なくすことも難しいでしょう。
それならば、何とかスポーツテストの結果を授業に生かせないものか?

そこで、いくつかの教材が考えられます。
例えば、高学年では50m走の結果をハードルの授業につなげます。
ハードルは、ハードリングの技術の向上がタイムに反映されるので、
走りが遅い子どもも記録を伸ばすことができます。
リレーのグループづくりの材料として使うことも可能でしょう。

また、3種目の混成競技をして、
混成競技の歴史を学習しながら記録や得点について考える実践もあります。

スポーツテストの結果をほおっておかないで、その後の活用が必要だと考えます。

何度も言うように、できればしたくはありません。
全ての種目を実施するのに5~6時間かかるなら、
その時間分フツーの体育の授業がしたいと思うのですが・・・。
[PR]
by sensenogakko | 2008-05-18 12:06 | 教育実践
年間計画どうしてますか?

                                      学校体育研究同志会 牧野 満

今回は体育の年間計画に関するお話です。
転勤する度に疑問に思うのがその学校にある体育の年間指導計画です。
奈良県には副読本があって、それを参考に体育の教材をされている場合が多いのですが、
これで果たして子どもたちがうまくなるのだろうか?といつも不思議に思います。

教材が小間切れで、うまくならないうちに次の教材に移っていくような配列となっています。
例えば、ある学校の3年1学期の水泳までの体育館体育では、
体ほぐしのいろんな運動をして、それからバスケット型のゲームをする
というふうになっています。

3年生でバスケット型というのが何なのか(昔あったポートボールという教材のこと?)
よくわかりません。
体ほぐしの運動を入れているのは、スポーツテストをするからというのです。

しかし、考えてみればおかしなことで、スポーツテストのために体育をするのでしょうか?
どこかの教育委員会で全校統一学力テストのための予備テストを行い、
それが点数を上げるための姑息なやり方だと非難されていたのを思い出します。
それと同じことではないのでしょうか?
スポーツテストのための体育の授業なんて本末転倒だと思うのですが・・・。

子どもがわかったりうまくなったりするためには、教材にもよりますが、
10時間程度のまとまった学習が必要です。
学習する道筋がはっきりとした系統性のある大単元での学習を用意しなければなりません。
単元計画の際には、系統的な指導の段階と、
学習の成果を確かめる段階として、最後に発表会や記録会を開きます。

ボール運動なら学年での球技大会や水泳なら水泳大会を開くのもいいでしょう。
みんなでうまくなることを目指すという学習の目標を持たせます。
そして、学習を進めていきます。

よく「1つの同じ教材をやっていたら子どもが飽きるから」という声を聞きますが、
それは、用意する教材の中身が粗末だとは考えられないでしょうか。
それに、子どもの様子を見て教材を変えていくものでもないでしょう。

また、みんなでうまくなることに喜びを感じない体育や日替わりメニューのような体育を
低学年の時から受けていたら、子どもの興味も長続きしないでしょう。
まずは、副読本に惑わされず、自由な発想で単元計画をしてみたらどうでしょうか?
[PR]
by sensenogakko | 2008-05-10 18:14 | 教育実践
4月19日(土)教育基礎講座①「体育」の講師でお世話になった牧野満先生に
小学校体育の授業について連載していただくことになりました。
学校体育研究同志会大阪支部のHP奈良ブロックのブログも一緒にご覧ください。


側転やりませんか!

                       学校体育研究同志会 牧野 満

今回から、体育にまつわるお話を数回にわたってしようと思います。
1回目回は、側転のお話です。

週刊紙のダイエット食品の広告欄ページには、
使用前、使用後の写真がよく載ってあります。
ダイエット食品の効果はどうかはわかりませんが、
体育の授業では、できるようになることはもちろん、
できなかった自分ができるようになった事実を是非確かめさせたい と考えています。

私は、1学期のマットの授業では側転の学習を行い、みんなで側転の完成を目指します。
週一回の体育館体育であれば水泳までの授業では8時間ぐらいですから、
これがみんな習熟するためには最低の時数だと考えます。

1時間目は「いきなり側転」というのをやります。
示範した後に見よう見まねで側転をしてもらいます。
まだ学習していないのだから当然多くの子どもはできません。

芋虫のように転ぶ子ども、どちらの手を着いたらいいのか悩んでいる子どもがいますが、
何でもOKなのです。
「へたくそで当然。かめへんかめへん。」と言いながらその姿をビデオに収めます。

中には、初めから上手にできるがいます。
その子にはこれからの学習で、グループの中心になってがんばってもらおうと思うので、
上手にできている子どもを見つける時間としても、いきなり側転の時間は大事になります。

そして、側転の学習に入ります。
系統的な指導で子ども達は確実にできるようになっていきます。
何で側転なのか?とか、技術指導の系統性はここを参考に。
http://www6.plala.or.jp/manzo/dosikai-j-sokutensido.htm

側転の学習をした後、5月の参観を発表会の時間にあてます。
参観では、授業の初めに以前撮った「いきなり側転」のビデオを見せます。
子ども達も初めて観るビデオなので、「こんなにへたくそやったん」とか、
以前の自分の姿に驚きや笑い声が起こります。

そして、おうちの人の前での発表会。みんな真剣な顔をして演技をしています。
上手下手の差はあっても、初めの子ども達の姿を知っているので、
それぞれの子どものうまくなった姿に拍手が送られます。
子どもはどの子も満足したいい顔をしています。
[PR]
by sensenogakko | 2008-05-04 11:53 | 教育実践