ブログトップ

センセのガッコ奈良

sensenogak.exblog.jp

いい教育がしたい!とがんばる奈良の先生のために

7月24日(木)教育基礎講座「算数」

7月24日(木)教育基礎講座「算数」を奈良県教育会館で行いました。
参加者は7名でした。
小学校の先生の他に、学生や高校の数学の先生の参加もありました。

講師の何森真人先生は岸和田市立八木南小の先生で
数学教育協議会の会員として長年、算数教育を研究されてこられた先生です。

a0098514_14483235.jpg


この日は、「算数がわからない」という感覚を理解するために
まず、ゲームからお話を始められました。

「1」は「いち」という数詞の意味、「1」という数字の意味、「ひとつ(のモノ)」というモノの意味が
とらえられて理解されるのですが、
一年生の子どもなど、習いたてや、算数が苦手な子どもは、
それらが結びついていないことが多いようです。
そこで、

ぼ = 1
う = 2
さ = 3
ん = 4
が = 5
へ = 6
を = 7
こ = 8
い = 9 
た = 10

とそれぞれ数字をひらがなに置き換えて計算をしてみました。

ぼ + う = さ

が + ん  = い などなど

何森先生が「い-が は?」などと問題を出すたびに
「え~っと・・・」と必死で考える参加者たちは、
子どもたちは、こんな風に頭の中で計算しているのだなあと実感したのでした。



そのほかに、粘土を延ばして長さを競わせたり
簡単な工作で羽をつくり、羽が落ちる速度を競わせたりして
長さや時間を計ったり、比べたりする方法を考えさせることで
長さや時間という量をとらえさせようとする指導方法など
様々な教材教具を使いながら、たのしくわかる算数の授業方法と理論を教えてくださいました。

最後には、参加者からの疑問や悩みに答えながら
算数の授業のあり方についてお話くださり、
あっという間に二時間半の講座が終了しました。

◆参加者の感想

◎まず、感覚を大切に授業のあり方を組み立てるということが
本当に子どもの学びを育てるんだと実感しました。
子どもの発見、つぶやきをもっと高校でも見ていこうと思います。
今日はありがとうございました。(高校数学の先生)

◎話がおもしろくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
わかることに徹底して作った教材が子どもの興味を引き出すということを
あらためて知らされました。とても勉強になりました。(小学校)

◎採用試験に受かれば、もうすぐ自分で授業を考えなければいけないということで
今はものすごく不安でいっぱいです。
こういった機会にいろいろな授業の工夫を教えていただけるととても勉強になります。
これからも、いろんな勉強会に参加していきたいと思います。(学生)

◎算数の教具づくりをまたがんばってみようと思いました。
算数が苦手な子に、また二学期立ち向かいます。(小学校)

◎算数で教材をつくり、実際に子どもに体験させて
よりわかりやすい授業をされているのだなあと思いました。
二学期から子どもの為にわかりやすい授業ができるようにがんばります。(小学校)

◆次回の教育基礎講座の予定

⑤8月26日(火)9:30~12:00 「低学年の紙工作」奈良教育大学付属小学校図工室
講師:山室光生先生
(奈良教育大学付属小学校教諭、奈良美術教育の会)

1・2・3年の紙工作-各学年1つずつ、3種類製作します
(1)「グルグルうずまき」-糸を付けて手に持って走ると、グルグルとよく回ります。
はさみで曲線を切るときのコツを教える教材です。
(2)「トロッコ」(2年)-1枚の画用紙で荷台を作り、牛乳キャップの車輪を付けます。
とてもよく走り、2両、3両とつないで遊ぶもの楽しいです。
(3)「ビニール凧」(3年)-簡単に作れて、よく揚がる凧です。
共同で作って揚げると仲間づくりも進みます。
[PR]
by sensenogakko | 2008-07-26 14:49 | 教育基礎講座